HOME >> 死亡して凍結された銀行口座の手続き

死亡して凍結された銀行口座の手続き

死亡すると銀行口座は凍結します(=引き下ろし出来なくなります)

相続の際に必ずと言ってよいほど出てくる手続きの一つが銀行口座、預貯金の解約・払い戻し手続きです。お亡くなりになられた方の名義の口座に残された預貯金は相続人によって分けられることになりますが、金融機関によって求められる書類が違ったり、手続き完了までにかかる期間もまちまちというのが現状です。
その為、なかなかスムーズに手続きを進める事ができず、金融機関と市役所等を何度も往復することになったり、手続き完了までに半年以上の期間を要したというケースも…

銀行口座が凍結!?下ろせない…

この場合、もしもその口座で家計を管理していたのであれば、差し当たり必要となる葬儀費用や生活費を引き出すことができず、十分な葬儀を執り行うことができなかったり、生活の為にお金を借りなければならなくなってしまったりすることもあります。

銀行口座の相続手続きは、引き続き日常生活を営む上でも避けては通れない手続きですので、「その気になれば一週間もあれば終わるはず」「やってみたら簡単にできるだろう」などと安易に考えず、万が一の急な入り用にも備えて一日でも早く手続きを開始されることをおすすめします。

当センターにご依頼頂きましたお客様のお声をご紹介します!直筆のお手紙も多数掲載!!
お客様からいただいたお礼のお手紙をもっとご覧になる方はこちら

銀行口座が凍結!?今すぐお金が要るのに下ろせない…

「凍結=口座の入出金ができなくなる」ということですが、「死亡届を提出すると凍結する」「亡くなった瞬間に凍結する」などという誤った情報を信じている方がたくさんおられます。実際には「死亡した事を金融機関が知ったとき」に銀行口座は凍結されることになります。

ではその死亡という事実を金融機関はどうやって知るのか、それは各金融機関にもよりますのでここでは割愛させていただきますが、現時点で故人の口座が凍結しているかどうかわからないという方は、まず金融機関に行って出金が出来るかどうか試してみて下さい。

凍結していた(お金を下ろすことが出来なかった)方
これから大変な相続手続きが必要となります。当センターがお力になりますので、まずは当サイトを詳しくご覧いただければと思います。その上でご不明な点などございましたらお気軽にご相談下さい。
(フリーダイヤル:0120-0556-52メールでのご相談はこちら

公共料金等の引き落とし先となっている口座が凍結していた場合、その時点から滞納の扱いとなっているはずです。早い段階で名義変更、引き落とし口座の変更、滞納分の支払いを済ませておきましょう。滞納になると次月以降の請求額に遅延損害金が上乗せされる事になり、余計な費用を支払わなければならなくなります。

【代表的な手続き】
>>死亡後・葬儀後の手続き一覧
>>遺産相続手続きの流れ
>>死亡して凍結された銀行口座の手続き
>>故人が所有していた不動産の手続き
>>故人が所有していた車・バイクの手続き

凍結していなかった(通常通りお金を下ろすことが出来た)方
凍結されてしまう前に全額引き出していただいても構いませんが、その場合は他の相続人から「本当にそれで全額なのか」という疑念を抱かれてしまい、トラブルに発展する可能性が高いです。いくら引き出したのかを通帳などで証明できるようにし、他の相続人には引き出したこと、そこに残されていた金額をまずご自身からご報告されることをおすすめします。

当センターが皆様からお選びいただける6つの理由
西区ではお馴染み!窓口封筒に掲載の信頼!
日本全国対応!土日祝・夜間の相談も可能!
万全の書類管理!セコムによる防犯対策!
各専門家が在籍!あらゆる問題を解決!
話が丸くまとまる!クッションのような役!
専門家は30代が中心!常に最新の知識で対応!
当センターが選ばれる理由をもっと詳しく知りたい!方はこちら

どのように財産を分けるか決まらない…自分の分だけ先に払い戻しは可能?

預貯金や現金は「可分債権」と呼ばれ、1円単位できっちりと分けることが可能です。その為、民法によって定められた相続分(法定相続分)の範囲に関しては他の相続人の同意を必要とせず、相続が発生した時点で相続人それぞれが当然に請求することができるとされています。簡単に言えば「自分の分だけ先に渡して」と言えるということです。
となると、金融機関としてはその請求に応じて各々支払わなければならないのが本当なのですが、実際のところはスムーズに手続きに応じてもらえないという現状があります。

戸籍等を揃えても、自分の分だけ先に受け取るのは難しい…

その理由として挙げられるのは、相続人それぞれの手続きの際に戸籍等の確認が必要になり、相続人の数が多くなればなるほど何度も払い戻しの手続きをしなければならないという煩雑さはもちろんのこと、誰か一人にでも支払いをしたことによって相続人同士のトラブルに巻き込まれてしまうリスクを避けたいというのが本音だと思われます。

例えば相続人の一人に法定相続分として500万円の払い戻しをした場合、その後の協議でその相続人の取り分が400万円と決まってしまうと、払い戻しをした金融機関は100万円を返して欲しいと請求しなければならなくなり、仮にその回収ができなかった場合、他の相続人から責任を追及されることになってしまいます。
(500万円受け取った本人が他の相続人に100万円を素直に渡せば丸く収まるかもしれませんが)

どうしても法定相続分に応じて払い戻しをして欲しい場合は、金融機関を相手に訴訟手続きを行うことで払い戻しされる可能性もありますが、時期や状況によっては金融機関は払い戻しを拒む事ができたり、定額郵便貯金については払い戻し請求はできないといった判例も出ています。

以上の通り、金融機関の払い戻し手続きは相続人全員の同意が得られている(どのように分割するかの意見がまとまっている)ことが前提ですので、実際の払い戻し手続きに入る前の協議の期間も考慮し、ゆとりをもって早い段階から手続きを開始ことが大切です。

預金がわずかの口座。「これぐらいなら…」と手続きせずに放置しても大丈夫?

何をもって「大丈夫」と判断するかの基準にもよりますが、その口座に残されたお金を受け取る意思がないのであれば、放置すること自体は問題ではありません。これは相続に限ったことではありませんが、長期間取引のなかった口座は「休眠口座」「睡眠口座」などという扱いになり、最終取引日から5〜10年で消滅時効が成立することになります。
(各金融機関によって取り扱いや期間は異なります)

「消滅」という言葉を見る限りでは預金が消えてなくなってしまうようなイメージですが、もちろんそのようなことはなく、実際は時効は「援用」という手続きがなされて初めて権利を失う事になり、銀行としてもわざわざ援用をすることはほとんどありませんので、所定の手続きさえ行えば払い戻しに応じてもらえる場合が多いです。

手続き自体に期限はないが、手続きをしないことには下ろすことができず、いつまで経っても使えない…

銀行口座の相続手続きに期限はなく、消滅時効に関しても上記のような取り扱いになっているのが現状ですが、どの金融機関でも相続手続きの際に要求される書類はおおよそ決まっておりますので、一つの金融機関で手続きをしたのであれば、その際に収集した書類を持って他の金融機関も一緒に手続きしてしまえばそれほど負担にならないのではないかと思います。

手続きをせずに放置することで何かメリットがあるわけではありませんし、いつまでも手続きが終わっていないままにしておくことで心のどこかでひっかかるところもあると思います。ぜひ、早めの手続きを心がけましょう。

遺産相続手続まごころ代行センターの「安心」専門家ネットワーク!
戸籍収集、財産調査、遺産分割協議書作成、財産の名義書換等を担当
不動産の名義変更、相続放棄や遺言書検認など家庭裁判所手続を担当
相続財産の評価、相続税の試算・申告、税務調査の立会いを担当
遺産分割協議の交渉、家庭裁判所の調停や審判、訴訟の代理人を担当
国民年金、厚生年金、健康保険などの保険・年金手続きを担当
相続不動産の評価担当。適正な評価で相続税が大幅減額の可能性も
地積更正登記、分筆(土地分割)登記、マンション区分登記、測量を担当
相続した不動産の売却、運用、管理など、不動産全般の相談を担当
生命保険を活用した相続税対策のご提案、相続した財産の運用を担当
これらの専門家が、お一人お一人のご状況に応じて、必要な手続き、すべき手続きを全てサポート致します!!

そもそもどこの銀行の口座を持っているのかわからない…

こういったご相談は、当センターにも日々寄せられております。方法はいくつかあるのですが、行うべき順番に沿ってご説明させていただきます。

まず一番にすることは、通帳またはキャッシュカードを徹底的に探す事です。
お亡くなりになる前にしっかり荷物を整理しておかれた場合は見つけやすいかもしれませんが、急な他界であればいろいろなところに通帳やキャッシュカードが分けて置かれている場合もあります。
やはりそれらを見つけるのが手続きとしても一番スムーズに進みますので、少し時間をかけてでも入念に探されることをおすすめします。

次にするのは記憶を辿ることです。
生前の会話や行動を思い出し、どこかの銀行に行った記憶はないか、どこかのATMでお金を下ろしていた記憶はないか、どこかの銀行の担当者が自宅を訪問していたことがないかなどを考えます。
これは記憶だけが頼りになりますので、思い出せるか出せないかで早い段階で見切りをつけ、思い出せなければ次の手順に進みましょう。

通帳もキャッシュカードも見つからない、生前のことを思い出しても全く思い当たる節がないという場合は、最後の方法として住所または勤務先の付近にある銀行に直接相談に行きます。
もちろんこの際は自分が相続人であることを証明する資料が絶対に必要となりますが、具体的にはお亡くなりになった方の出生から死亡まで(生まれてから亡くなるまで)の戸籍謄本、そのお亡くなりになった人と自分との関係がわかる戸籍謄本などが挙げられます。
それらを提示して自分が相続人であることが証明できれば、その訪問した支店だけではなく、同じ銀行の他の支店にも口座がないかまで確認してくれます。

通帳やキャッシュカードを見つけるとそれが全てだと思いがちですが、お亡くなりになった方自身もあまり記憶にないような、もうほとんど使われていない口座が出てくることがよくあります。
その場合は残高もそれほど多くはないのが一般的ですが、先ほどもお伝えしました通り、同じ銀行なら追加で提出する資料もほとんどありませんし、一緒に手続きをしてしまわれることをおすすめします。

ここまでやったけど銀行口座がわからない!という場合は、当センターが代わりに金融機関を調査致します。絶対あるはずなのに見つからない。そういう場合はお気軽にご相談下さい。

全国のどこの金融機関でも調査します!!

また、今までに代行させていただいた多くの銀行手続きの中で、ご遺族の方がご存知でなかった口座が見つかることは本当によくあります。わかっている銀行口座はもちろんですが、同じ銀行であれば他の支店の口座を調べることはそれほど負担ではありません。ぜひ合わせてご相談下さい。

銀行口座相続手続きサポート(99,750円〜)

※銀行口座だけでなく、定期預金、定額郵便貯金なども全て対応致します。
※亡くなられた方の遺言書があった場合は、その開封の為の手続き(検認)から全てご相談をお受け致します。

その大切な時間をご自身の為、ご家族の為にお使い下さい。私たちが必ずお力になります。
遺産相続手続きの流れ 相続における重要ポイント相続税。あなたはどれ?
相続税がかかる方 相続税がかからない方 相続税がかかるかどうか不明な方
相続手続き無料相談会開催中!毎日10:00〜18:00/行政書士クリア法務事務所内/初回60分相談無料/0120-0556-52(遺産相続手続きをまごころとご一緒に)
今、何をすべきかが一目でわかる!遺産相続手続きチャート
  • 遺産相続の開始
  • 遺言書の確認
  • 相続人の調査・確定
  • 相続財産の調査・確定
  • 相続方法の決定
  • 所得税の申告・納付
  • 遺産分割協議書の作成
  • 遺産相続手続き
  • 相続税の納付・申告
  • 相続手続き完了
7日以内 3ヶ月以内 4ヶ月以内 10ヶ月以内
Copyright (C) 遺産相続手続まごころ代行センター All Rights Reserved.